仮想通貨の時代到来

2017年は仮想通貨元年。いよいよブロックチェーンが世界を変える時が来たようですね。

GPUマイニングに挑戦してみましょう。月10万円の収入を目指します。

PR

















 

 

マイニング攻略一口メモ

AwesomeminerとMining Poll Hubを上手に活用。マイニングPCの安定運用を目指す。

はてなブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! del.icio.us Buzzurl

 

 

マイニングによる収益の目標額

まず、目標額をはっきりさせましょう。行うのはGPUマイニングで、AwesomeminerとMining Pool Hubを利用します。目標額は月10万円(電気代を含む)。

マイニングの方法にはソロマイニングもありますが、仮想通貨はボラティリテイが大きいので、常に収益の大きい通貨を選んでマイニングする必要があります。それで、マイニングプールを利用し、最適な通貨を選んでマイニングできるAwesomeminerなどを利用します。また、Mining Pool Hubは受け取る通貨を選択できるのでここを使います。受け取る通貨により収益は大きく変わりますので、これは大切です。

次の4つの点についてメモしておきます。
(1)マイニングPCの構成
(2)Mining Pool Hubの登録と使い方
(3)Afterburnerの使い方
(4)Awesomeminerの使い方

マイニングPCの構成

マイニングリグという構成もありますが、通常のPCケース(ミドルタワー)にGPUを3つ(又は、2つ)入れる形で構成します。そのようなPCを3台用意しました。主な課題は、GPUの配置とケースファンの調整です。さらに、マイニングPCを置く適切な場所を決めることも必要です。

マイニングPCの構成は次の通りです。

 PCケース:黒鉄(ケースファン6個)
 マザーボード:GIGABYTE GA-H270-HD3(PCI-Ex16 2個 / PCI-Ex1 3個)
 電源:800W 電源ユニット 80Plus Platinum
 CPU:Celeron G3930
 SSD:120GB

このマザーボード(GIGABYTE GA-H270-HD3)には、5個のGPUを取り付けることができますが、スペースの都合で3個までが限界です。ケース上部に幅の狭いGPUを1つ取り付けることができます。ライザーケーブルで接続して上部にぶら下げる形になります。

試行錯誤の結果、写真のようになりました。ケース上部はよく冷えるので、Manli GTX 1080など外排気のGPUを排気用ファンに向けて取り付けました。②⑦は下のGPUが接近しているので、冷却性能が優れているMSI GTX 1080 やELSA GTX 1080がいいようです。

【1号機】
マイニングPC①Manli GTX 1080
②ELSA GTX 1080
③玄人志向 GTX 1080

※Equihashの場合、1.45kH/s
【2号機】
マイニングPC④Manli GTX 1080
⑤玄人志向 GTX 1080

※Equihashの場合、1.00kH/s

※予算が許せば、冷却性能の良いGPU(GTX 1080 又は、1070)をもう一台追加。
【3号機】
マイニングPC⑥ASUS GTX 1080
⑦MSI GTX 1080
⑧ASUS GTX 1070

※Equihashの場合、1.35kH/s
Afterburnerを使って、GPUのPowerとファンの回転数を調整します(後述)。また、ケースファンの回転数を調整しますが、これはなかなか難しく現在も挑戦中です。ただ、ある程度ケース内のフローが実現したらならば、それ以上ファンの回転数を上げてもGPUの温度を下げることはできません。あとは、GPUのファンの回転数と室温ですね。

【GPUの温度の制御】
温度が10℃下がると寿命が2倍伸びると言われています。
まず、GPUにより冷却性能が異なるので、
①冷却性能に応じて取り付け位置を工夫すること
が必要です。さらに、
②ケースファンを調整してケース内のフローを適切のもの
にできます。
その後は、下記の3つが重要となります。
③GPUのPowerの調整
④GPUファンの回転数の調整
⑤室温
【ケースファンの回転数の制御】
正圧・・・冷却は弱いが、反面、ほこりを吸い込みにくい。
負圧・・・冷却は強いが、反面、ほこりを吸い込み易い。
回転数をファンコントロ-ラーで調整できるようにして、夏に冷却を強くできるようにしておくと良いかもしれない。


Mining Pool Hubの登録と使い方

Mining Pool Hubに登録することは難しくありません。Mining Pool Hubのトップページにあるアルゴリズムについての理解が必要になりますね。

(1)Mining Pool Hubに登録
(2)Auto Exchange の設定
   設定したときから採掘と同時に交換される。
(3)2重認証(OTP)の設定

分かりにくいのは、Worker名の設定ですが、Awesomeminerの方で設定してマイニングすると、Mining Pool Hubに自動的にWorker名が反映されます。これで、うまくいっていることが確認できます。
また、Auto Exchangeで、受け取り通貨を設定しますが、これは慎重にする必要がありますね。将来の値上がりを見込んで、将来性のある通貨を選択することが大切ですね。2018年1月現在、DASHを選びました。1か月1DASHを目指します。

【2018年1月の収益】
ハッシュパワーは上記GPU8台で、アルゴリズムEquihashの場合、合計約3.8kH/s位になります。このパワーで、2018年1月の収益は約1DASHでした。1DASHが10万円を下回っていますが、将来20万円以上になれば、月収20万円ということになります。

Afterburnerの使い方

GPUの電力の調整は重要です。マイニングをはじめる前にAfterburnerを導入し、設定しておきましょう。最終的には、GPUの安定稼働がすべてになります。

GPUの温度、電源容量、ハッシュパワーを考慮して電力を調整する。(設定 > 全般 で、「類似のグラフィックス プロセッサの設定の同期化」のチェックを外すとGPUごとに設定できる。)
  ①Power60%で(ハッシュレートが激減する手前)
  ②GPU温度を60℃~70℃になるようにファンスピードと自動ファン制御プロパティを調整する(長距離走なので安定動作を目指す)。
  〈設定例〉
    ファンの回転数40%-30℃
    ファンの回転数50%-50℃
    ファンの回転数65%-65℃(または、67%-67℃など、季節に応じて)
    ファンの回転数100%-83℃
  ③PCの再起動で、☑ Windowsと一緒に起動(設定 > 一般)するように設定する。
  ④メモリークロックを100~200(例えば、147)UPするとハッシュレートが数%UPする。

Awesomeminerの使い方

Awesomeminerの使い方は難しいですね。まず、ほとんどの設定がOptionsで行えるということを知っておくと助かります。


(1)Worker名の設定(Options > Profit Switch > ‌Mining Pool Hub)
  ☑ Enable Manged Profit Switch
  ☑ ‌Mining Pool Hub > Worker name 「USERNAME.WORKERNAME」 と設定(ピリオドが必要)
  ※‌Miningすると、‌Mining Pool Hubに自動でWORKERNAMEが表示される。

(2)Algorithm の確認とSwitch
  利用するAlgorithmだけにチェックして‌Miningして確認する。
  (Options > Algorithms)
    利用できない時は、「not connect」となる。
    Hashrateを保存する(Minerを右クリックしてHashrateを保存)
    利益を確認する(coin&profitでjpyに設定できる)
      ‌Mining Pool Hub のトップページの表で確認(Nvidia/AMDを選択)
  Switchさせるアルゴリズムを選択する。(Options > Algorithms)
  時間、thresholdをSwitchにかかる時間(約20s)を考慮して設定する。
  (Options > Profit Switch)
  〈設定例〉
    interval : 3m
    threshold : 10%
    Power cost : 0.25

【アルゴリズム】
Mining Pool Hub で使えるアルゴリズムを確かめる必要がありますが、現在、次のものを設定しています。
  Equihash
  Lyra2RE2
  Ethash
  Skein
  Groestl
  Cryptonight
  NeoScrypt
※NeoScryptはGPUの温度が高くなることがあります。

(3)PCの異常時に対処する設定(ダウンタイムを短くすることは最重要)
  ①PCの再起動時に、自動でマイニングを始める設定
    Options > General ☑ StartUP
    Minerのプロパティ ☑ Auto Start Miner
    ※AfterBurnerの自動起動も忘れない。

  ②GPUが1分以上停止したときに、マイニングを再スタートするように設定する。
  〈Rulesの設定例〉
    Trigger
      Time Interval : 1m30s
      温度 : 50℃以下
      Match All
    Action
      Stop Miner
      Wait 5s
      Start Miner
    Ruleを有効にする
      ☑ enable

  ③PCを長時間使用したときに不安定になるのを防ぐために、定期的に再起動するように設定。
  〈Rulesの設定例〉
    Trigger
      Specific time : 0:00
      Specific time : 12:00
      Macth at least one
    Action
      Rebut Computer
    Ruleを有効にする
      ☑ enable

  ④Windowsの自動更新を無効にする。

【その他のメモ】
(1)仮想メモリ―の設定。
windowsの設定で仮想メモリーを16GB以上に設定します。マイニングソフトによって必要な場合があるのです。
  〈設定例〉
    初期サイズ : 17000 MB
    最大サイズ : 21000 MB

(2)CPUファンの調整
CPUファンをBIOSでsilentに設定しても問題ありません。

(3)GPU使用率が低い場合
通常、GPU使用率は大体99%あたりですが、低い場合は、下記を試してみることができます。
①グラフィックドライバーの更新。
②OS、又は、Nvidiaのパフィーマンスの設定を見直す。
③ライザーカードの差し込みポートを変えてみる。